久々、放浪旅。お茶を入れつつ道東へ、クルマで1500km。

クルマにコンロとお茶を積んで、おいしいものに出会うたびお茶を入れて。

キレイな景色に出会ったら、クルマを止めて心ゆくまで写真を撮る。

そんな気ままな旅、なんと贅沢なのでしょう。

実は青森から北海道に戻ってきて、いちばん最初の旅がそんな感じでした。

車中泊しながら1週間かけてオホーツク海沿岸の小清水町というところまで行って、3週間ユースホステルで住み込みで働いて、また1週間かけて故郷の室蘭まで戻る、という内容です。


道東は、私にとって憧れであり、放浪のスタート地点みたいなものです。

早く、早くやりたくてウズウズしていました。


さて。そんな私の憧れの旅、5泊6日で決行!

(本当はもうちょい長く放浪したかったのになあ)

ルートは

1日目)ニセコから帯広の南、中札内村へ 290km

2日目)中札内から豊頃町を経由して、中標津町へ 270km

3日目)厚岸町の絶景カフェへ・中標津町にステイ 170km

4日目)中標津町から根室、納沙布岬へ 120km

5日目)根室から霧多布湿原、厚岸経由で釧路市阿寒町へ 250km

6日目)阿寒町から豊頃町、帯広経由でニセコまで 450km

(これは目的地を結んだだけなので、ちょっと短めですが)


ん〜、今回の旅で学んだ大きなことは

Googleマップの時間表示・・・かなり酷だよ?これ?ということです。

初日の工程、ニセコから中札内村までの290kmは

「所要時間 4時間50分(高速道路を利用)」と表示されます。

これを守ろうと思ったら。

◎一般道:カーブも坂道も、限りなく制限速度ギリギリ(これ以下になると遅れる)

◎高速道路も、限りなく制限速度ギリギリに上げる

◎休憩はもちろんなし

・・・エグい!厳しい!鬼〜!

なんでGoogle様の厳しさを語れるかというと。

ほぼほぼ↑上の条件を守ってすっ飛ばしたからです(笑)


実際には午後2時には出発するはずが、仕事が舞い込んでスタートが午後5時という

致命的に過酷なスタートで、この旅は始まりました。

「今夜の宿まで290kmかあ・・・」と、すでに自宅でしょんぼり。

どこが気ままで贅沢な旅なのでしょうか。

もちろん、夕食もヘッタクレもなく、パンをかじりながらひたすら走るありさま。


さあ、スタートから先が思いやられることこの上ないですが

とりあえず、旅に出ることはできました!

そして、無事に帰り着きました。


でも、放浪旅ならではの出会いがたくさんで、素敵な思い出ばかり。

そして、皆さんにオススメしたいところばっかり!

これからしばらく、この道東旅の話をしてゆきます〜♡


牧場に連れていってもらって、牛にもたくさん会いましたよ〜。

このホルスタイン、生後1週間の赤ちゃんです。


旅人フォトライター ウエミチメグミ




32 Photography

旅人フォトライター、ウエミチメグミによる写真撮影サービス。 ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を。 そして、あなたの情熱がにじみ出た、一瞬をとらえたい。

0コメント

  • 1000 / 1000