卒園式の撮影なので、桜を。 【Story Photos】

今週は卒園式の撮影があるので、桜を探してきました。


「卒園・卒業=桜」

日本全国共通だと思う、この図式。

学生だった頃も、教員になってからも、いつも卒業式には桜があったなと思いながら。

今回は何軒かのお花屋さんを回って取り寄せてもらいました。

(北海道も青森も、桜の開花は早くて4月下旬からです)


・・・よくよく考えれば、自然に桜が咲かない北国でも

必ず、卒業式には桜を用意する。

そこには、恩師達の「卒業式に、門出の花を添えてやりたい」という思いやりがあるのですよね。


今さら気づいた自分・・・。

生意気だった割に、そういうところへの想像が足りない自分に反省しつつも・・・

反射的に桜を探している自分の中には、恩師や先輩の思いやりが刷り込まれている。

そう思うと、少し嬉しくなりました。


さあ、あとは当日、晴れるように祈るのみ!

せっかく、北国の卒園シーズンなのですから。

爽やかな冬晴れの青空と桜を、一緒に写真に収めたいと思うのです。


*  *  *  *  *

卒園・卒業シーズンから、入学シーズンへ。

笑顔の時間を切りとります♡

新緑&桜の下でのロケーション撮影も、素敵ですね♡

◉3月:23日、28日

◉4月:1〜9日、26日、27日 お申込みいただけます。

撮影プランはこちらから

お申し込みは、こちらから


*  *  *  *  *

爽やかな、夏の北欧を旅したい方へ。

初夏のラトビアは、いかがですか?

物価も安く、治安良好。お茶とスイーツ、お肉がおいしい。

古くから暮らしに息づく伝統文化と、中世ヨーロッパの歴史ある街並みも楽しめます。

たくさんの写真と100のポイントで、ラトビアの魅力を紹介しています!

LATVIA! TRIVIA!  世界遺産の都へ ラトビアの魅力100

32 Photography

旅人フォトライター、ウエミチメグミによる写真撮影サービス。 ストーリーのにじみ出た、心の奥を刺激する写真を。 そして、あなたの情熱がにじみ出た、一瞬をとらえたい。

0コメント

  • 1000 / 1000